Monthly Archives: 4月 2011

post by machineko | | 0

町ねこ通信 4号

もくじ
1. お知らせ
  • いぬねこ里親譲渡会
  • 「飼えないからって、捨てないで」キャンペーン
  • 長崎の町ねこ調査隊塾 募集中
2. ねこのいる町 ──vol.2 稲佐悟真寺国際墓地――
3. ねこ、あれこれ
  • 『ノラや』に思う、ねこと人の縁
4. おわりに
5. おまけ

image002 町ねこクラブの小町です


1. お知らせ

いぬねこ里親譲渡会が開かれます。

日時:2011年4月24日(日)13:00~17:00
場所:宝町公園(長崎市宝町10 / 銭座町電停バス停より徒歩1分 / ココウォークより徒歩3分)
主催:しっぽの会
共催:長崎猫の会・長崎ライフオブアニマル
チャリティー・フリーマーケットもあります。

宝町公園は電停・バス停の目の前にあり、交通のアクセスも便利。

かわいいワンコやニャンコが待っています。

ちょっとのぞいて見ませんか?

 

“飼えないからって、捨てないで”キャンペーンがスタート

長崎県・長崎市・長崎のボランティア団体が協力し、

動物愛護意識の啓発キャンペーンが始まります。

長崎市内にある自治会掲示板なんと約2,700か所!に啓発ポスターが貼られ、

啓発のちらしが自治会の回覧として回ることになっています。

動物愛護のためにこれほど大がかりなキャンペーンが展開されるなんて

すごいことです。(拍手!)

昨年8月、熊本市動物愛護センター松崎所長の講演会に足を運ぶまで、

長崎市でこんなに多くの犬やねこたちが殺処分されている事を私も知りませんでした。

ポスターを見て「えっ、これって何だ?」と目をとめ、

ちらしを読んで「ああ、そうなんだ」と気付き、

一人でも多くの人に物言わぬ動物たちの命に

関心を持ってもらいたい――そう切望しています。

詳しくは

さるねこふみのブログをご覧ください。

 

長崎伝習所「長崎の町ねこ調査隊塾」募集中

応募のしめきりは4月30日(土)

ある時、ある人から、「町ねこ調査」について聞かれました。

「ねこば追いかけるとね?」

いいえ、追いかけるのではなく、観察するのです。

「ねこの絵ば描くとやろ?」

いいえ、ねこの絵をスケッチして楽しむ会ではありません。

一匹、一匹のねこを見分けるために、カードにその特徴を描き込むのです。

「ねこ好きの集まりね?」

いいえ、ねこの好きな人だけでなく、ねこに少しでも関心のある人なら

きっと楽しんでもらえる「町ねこ調査」です。

参加希望の方は、こちらのフォームよりご連絡ください。

長崎伝習所ホームページでも募集しています。

 

2. ねこのいる町 ――vol.2 稲佐悟真寺国際墓地――

clip_image004
稲佐悟真寺国際墓地と桜

長崎市稲佐山(いなさやま 333メートル)の頂上には展望台があり、

ここから見下ろす長崎の港やそれを囲む町並みは絶景です。

とりわけ夜景はすばらしい。

そのふもとにある稲佐地区は名所旧跡も多く、長崎観光のスポットになっています。

そのひとつが稲佐悟真寺国際墓地。

悟真寺は1598年に開祖され長崎では最も古い歴史を持ち、中国人の菩提寺とされ、

唐人(とうじん)墓地がつくられました。

1649年からはオランダ人墓地、1853年にロシア艦隊が来航した後はロシア人墓地もつくられ、

現在もそれぞれの墓地が残っており、その特徴がよくわかります。

と、前置きが長くなってしまいましたが、

「稲佐の国際墓地にねこさんがいっぱいいるよ」との情報を得て、桜満開の4月上旬、ねこを探してきました。

ここも前回の十人町(じゅうにんまち)同様、急な斜面地、狭い路地、

上と下にバスの通る大きな道路はあるものの、このあたり一帯はほとんど車が通らない、

いわばねこのサンクチュアリです。

clip_image006

江戸時代、稲佐には庄屋の屋敷や富豪の別荘などがありましたが、

今では港を挟んだ対岸の繁華街に比べると寂しい町になり、人通りも少なく、ねこさんたちが堂々と道を闊歩していました。

clip_image008
空き地で獲物をねらうねこ

墓地の中には広い空き地もあり、何かをハンティング中のねこさんを発見。

clip_image009

しかし、カメラを構えたあやしげなおばさん(私です)に気づいて、脱兎のごとく逃げ出してしまいました。

このねこに限らず、この日出会ったねこさんはみな警戒心が強そうでした。   

clip_image011
墓地の入り口付近、塀に上るねこ

clip_image013
墓地の近くの路上にて

この日は午後5時過ぎから6時過ぎまでほぼ1時間のねこ探訪の間に、

5匹のねこさんに会いました。墓地の奥にねこはいませんでしたが、

墓地周辺の人家近くでねこを見かけたのは、餌をもらう時間帯だったのかも。

どのねこも首輪をしてなくて、みんな”ノラネコ”さん?

稲佐悟真寺国際墓地も5月から始まる「長崎の町ねこ調査隊塾」で調べてみたいねこポイントです。

clip_image015
墓地の中を歩くねこ

 

3. ねこ、あれこれ No.2

『ノラや』に思う、ねこと人の縁

ねこの名前はノラ。性別はオス。毛並みは薄赤の虎ブチに白毛多い。

しっぽは鉤になって曲がっている、つまり尾曲がりねこ。

住所は東京、麹町、飼い主は内田百閒(うちだ・ひゃっけん 1889年-1971年 小説家・随筆家)。

ある日、百閒先生の庭にねこの母子が住みつき、そしてしばらくすると

「どうか何分共よろしくお願い申します」

とでも言うように子ねこを残して、母ねこは姿を消してしまう。

「自分で猫を飼って見ようと考えた事もなく、猫には何の興味もなかった」

百閒先生だったが、この子ねこにノラと名付け、

可愛がるというより溺愛するようになっていく。

ノラは「顔つきや、特に目もとが可愛く、又利口な猫で人の云う事をよく聞きわけた」

それなのに1歳半になった春のある日、庭から出て行ったきり帰ってこない。

さあ、それからが大変。百閒先生は仕事も手に付かず、食事ものどを通らず、

眠れない日々が続く。毎日「ノラや、ノラや」と呼び続け、

御年68歳の百閒先生は「ノラの事を気にすれば涙が出て泣いてしまう」のである。

もちろん八方手を尽くして探すが、見つからない。

近所への張り紙はもちろんのこと、新聞に広告を出し、折り込みチラシを何度も入れ、

謝礼金まで用意して、探し続ける。近隣四か所の警察署へノラの捜索願を出して

「警察は人の生命財産がおかされそうな場合、保護するのが役目でして、

うちの猫は駄猫で、そこいらにいくらでもいると云われると、一寸勝手が違うのです。

あの猫は五萬円するとか、十萬円で買ったとか、そう云う事になれば筋が立ち易い」

と言って笑われる。しかし、そうは言うものの警察署から頻繁にノラに似たねこの目撃情報がとどく。

昭和30年代の東京の警察署はずいぶんのどかで親切な対応だったらしい。

1ヶ月が過ぎ、2ヶ月が過ぎても、ノラの行方はわからない。

夢にノラが出てくる。目覚めると、まだ帰らぬノラを思いまた涙。

はたしてノラ君は無事帰ってくるのか?

結末を明かさないのは本を紹介する時の鉄則。続きは

『ノラや』(内田百閒 ちくま文庫 1,000円+税)をお読みください。

519YMKRJ60L._SS500_

たかがねこ、されどねこ。

ありったけの愛情を注いだ家族同然のねこの失踪を嘆き悲しむ百閒先生の気持ちは

ねこ好きさんにはわかり過ぎるほどわかるはず。

ふとした出来事で縁を結んだねこと人は、人と変わらぬ、いやもしかして

人よりも心の底で通じる気持ちがあるのかもしれない、と思わずにはいられない。

 

4. おわりに

毎日のように、ねこの写真を撮っています。

レンズを向けるとあっという間に逃げてしまうねこ。

じっとして、まるでカメラ目線でポーズをとるねこ。

ねこもいろいろです。

逃げたねこを探したら、溝の奥からこちらをじっと見ていたので

パチリ。

clip_image017

 

5.おまけ

本の紹介です。

『にゃんこといっしょ』

41VHXs69TaL._SL500_AA300_

長崎猫の会 編著 汐文社 13
00円+税

かわいい子ねこの写真がいっぱい。ついニンマリしてしまいます。

そしていつもは禁句にしている「カワイイ」を連発。

写真の子ねこすべてが

保健所や地域ねこの現場から保護された

ねこたちなのだそうです。

この子たちの背後に

同じようにかわいいけれど救えなかった

多くの命があることを

忘れないでいたいと思いました。

『左利きの黒猫――ノア十七音のアルバム』

319pY3NQBNL._SL500_AA300_

かわさきあてね 木耳社 1000円+税

黒猫ノアの写真とノアと暮らす日常を五七五の俳句に結晶させた、すてきな本です。

どれもすばらしい作品ですが、とりわけ、心に残った句は

「親猫とおぼしきがおり霜の道」

「子猫とはもう呼べないで桜咲く」

でした。ねこへの愛情たっぷりの本です。

 

お気に入りのブログ

長崎Life of Animal

とらきちのねこさん日記

まめ猫

坂の途中で猫日記

さるねこふみ<ながさき・まちねこ写真>

猫さん達の休憩所

すなおな日々

post by machineko | | 0

長崎の町ねこ調査隊塾(ねこ会議)

ブログ「ねこ会議」で町ねこ調査隊塾について紹介していただきました。

2011-0412_nekokaigi

post by machineko | | 0

町ねこ調査(まめ猫)

ブログ「まめ猫」で町ねこ調査隊塾とメールマガジン、山根明弘氏講演会について紹介していただきました。

2011-0411_mameneko

post by machineko | | 0

町ねこ通信 3号

もくじ
1. お知らせ
  • 長崎の町ねこ調査隊塾 募集中
  • 山根明弘氏講演会のご案内
  • いぬねこ里親譲渡会
2. 地域猫レポート vol.1 平和公園地域猫の会
3. ねこ調査・アラカルト
4. おわりに

image002


1. お知らせ

長崎伝習所「長崎の町ねこ調査隊塾」の募集が始まりました。

広報ながさき4月号35ページにも紹介されています。

長崎伝習所ホームページでも募集しています。

先日今年度の伝習所塾長の集まりがありましたが、どの塾も元気いっぱい

やる気満々の様子です。わが「町ねこ調査」も負けずに楽しく盛り上げたいと

思いますので、ぜひご参加ください。

参加は無理だけど、PRなら引き受けてもいいよ、のサポーターもありがたいです。

どちらもこちらのフォームよりご連絡くだされば、対応します。どうぞ、よろしく。

 

山根明弘氏の講演会 ご案内

ねこ調査のパイオニア、山根明弘さん(北九州市立いのちのたび博物館 学芸員)をお招きして、講演会を開きます。

日時:2011年6月12日(日)午後(時間の詳細は未定)
場所:メルカ築町 5F会議室(長崎市築町3-18 / TEL:095-823-9333)
入場:無料
主催:長崎伝習所「長崎の町ねこ調査隊塾」

山根さんは福岡県新宮町相島という玄界灘に浮かぶ小さな島で、7年間かけて、200匹のノラネコの調査研究をされました。

そして2009年からは市民ボランティアと一緒に、北九州市のネコ実態調査に乗り出していらっしゃいます。

私は密かに「ノラネコ博士」とお呼びしているのですが、

そのユニークで簡単にできるねこ調査のノウハウを教えていただきながら、

だれもが知っているようで、じつは謎に包まれているねこの生態についてお話していただく予定です。

このチャンスを逃す手はありません。スケジュール帳に今すぐ書き込みましょう。

北九州市立いのちのたび博物館はこちら

 

いぬねこ里親譲渡会が開かれます。

日時:2011年4月24日(日)13:00~17:00
場所:宝町公園(長崎市宝町10 / 銭座町電停バス停より徒歩1分 / ココウォークより徒歩3分
主催:しっぽの会
共催:長崎猫の会・長崎ライフオブアニマル
チャリティー・フリーマーケットもあります。


2. 地域猫レポート vol.1 平和公園地域猫の会

clip_image004

写真は平和公園噴水下の広場で食事中のねこさんたちです。

2011年3月下旬、長崎県地域猫活動連絡協議会のメンバーと長崎市平和公園を訪れ、

“地域猫”のねこさんたちとそのお世話をされているYさんにお会いしてきました。

平和公園地域猫の会は2009年12月に活動を開始しています。

ねこのメンバーは現在22匹。人間の会員は6名ですが、

朝夜1日2回の餌やりやトイレの清掃などはYさんとSさんのお二人が交代で行っています。

1年365日、雨の日も雪の日も欠かさずです。

ねこが好き、かわいいからだけではとても続かないでしょう。お二人には、ほんとうに頭が下がります。

一匹、一匹に名前がついていて、Yさんが呼ぶとやってきます。

初めての私はまったくねこの名前を覚えられなかったのですが、

Yさんはそれぞれの個性や健康状態などをしっかりと把握されていて、びっくり。

頭の中に「個体識別」カード(ねこ調査で使います)がインプットされているようでした。

clip_image006

Yさんの周りに集まるねこたち

平和公園地域猫の会の悩みは、ねこたちのお世話をしてくれる人が少ないことです。

公園に子ども連れでやってくる人とねこを通じて顔見知りになり、おしゃべりするような仲になったりと、

人の輪は広がっているようですが、じゃあ実際にその中のだれかが一緒に地域猫活動を始めてくれるかと言えば、

それはなかなか難しいようです。地域猫活動は相手が生き物であるだけに責任も重く、

尻込みしてしまう気持ちもわからないではありません。

Yさんも「私の体調の悪い時だけでも代わりに待っているねこたちの所へ行ってくれる人がいれば、助かるんですけどね」とおっしゃっていました。

そうなんですよ、一人でも仲間が増えれば、一人の負担はその分軽くなるのですけれどね。

平和公園のねこさんたちを見ていると、とても外で暮らしているねことは思えないくらい毛並みが美しく、体も大きい。

こんなに可愛がられて、餌も十分に食べていれば、ストレスも少なく、まさに“平和”に暮らしているように見えました。

ちなみに餌代もボランティアさんの負担です。

平和公園地域猫の会ホームページはこちら

興味を持たれた方はこちらのフォームまでご連絡ください。

clip_image008

 

3. ねこ調査・アラカルト

「長崎の町ねこ調査隊塾」より一足早く、今年1月から長崎市S町界隈でねこ調査を始めた。

ただいま21匹を「個体識別カード」に記入。

想像していた以上に難しいのはオスとメスの区別。

じっくり観察できるのは居眠りしているねこや座っているねこたちだが、その恰好からは雌雄がわかり難い。

かといって歩いているねこを詳しく観察しようとすると、さっと逃げてしまう。

ねこ好きもプロ級(?)になると、顔を見ただけで彼か彼女かわかるらしいが、ねこ初心者の私にはとても無理。

もうひとつはネーミング。ねこ調査をスムーズに行うためにはねこに名前を付けることがポイントだと、

山根明弘さんも著書『わたしのノラネコ研究』に書かれている。

しかしねこの名前って意外に思い浮かばない。

「そのネコを最初に見た時の印象を、そのまま名前にしてしまうことです」

とは山根さんのアドバイスだが、これもそう簡単にはいかない。

そんなこんなで試行錯誤しながら、早くも3カ月が過ぎた。

そんなある日の夕暮れ時、雑居ビルの前のスペースで顔なじみになったねこを見つけ、

バッグからデジタルカメラを取り出して、パチパチと写真撮影。

clip_image010

「そのねこは性格がいいからね。人気者なんだよ」

と頭上から人の声。見上げると、初老の男の人がひとり。ビルの1階に入っているお店のご主人らしい。

地面に座り込むようにして写真を撮っている私をかなり気合の入ったねこ好きと思い込み、話しかけていらしたようだ。

ねこに性格が良い悪いがあるんだ、と思っていると

「子どもが触っても、だまって撫でさせているからね」

とのこと。つまり穏やかでやさしいねこさんということか。

その価値判断は、人間の場合と同じなんだろう、たぶん。

「いろんな名前を持っているみたいだよ」とご主人。

なるほどここにやってくる人たちが名前を付けて可愛がっているということか。

やっぱり人気者なのだ。

そして、いつのまにか三毛さんがそばに来ていた。

clip_image012

このねこさんは3年前くらいにやって来て、この近所に住みついたらしい。

ご主人の説明によると、前に餌をあげていた人が不妊手術までしてくれたとのこと。

そこまで責任持ってくれたら、いいのですけどね。

「ここのねこたちは毎日刺身食べてるよ」

「えっ、さ、刺身を毎日?」

と思わず絶句!

聞けばこれも近所の魚屋さんが朝夕、生の魚を持ってきてくれるそうな。

「朝はアジを丸ごと一匹食べてたね」

す、すごい!美食!

と話していたら、その魚屋さんが手にビニール袋をさげて登場。もちろん袋の中には新鮮なお魚。

この魚屋さんチョットいかつそうなおじさんで、ねこさんを可愛がるって雰囲気じゃなかったのですが……。

ミャア、ミャアと声がして、今度は黒ねこ登場です。

えさを食べにやってきたらしい。

おじさんが皿に魚を入れると、まずはこの黒ねこさんから夕食タイム開始。

clip_image014

茶色のねこはじっと待っていますが、三毛は知らん顔。

三毛さんは生魚が嫌いで、見向きもしないとか。好きなのはカリカリ(乾燥したキャットフード)。

このカリカリも少なくなってくると誰かが補充していってくれるそうだ。

「餌はやってないけど、水だけは毎日替えてる」とご主人。

見るとビルの外階段の下に小さなバケツが置いてあり、そのさらに奥にはねこさんのベッド(箱)もある。

この箱も誰かが持ってきて置いてくれたそうだ。階段の下なので、雨にも濡れないだろう。

ほとんど毎日この付近を歩いているが、ねこの糞を見たことがない。臭いもない。

たぶん、これも“誰か”が掃除してくれているに違いない。

この3匹の暮らしぶりは、ゆるやかな「地域猫」なのだろうか?

ご近所さんやここにやってくる人たちが何のしばりもなく、お世話している。が、とりたててのトラブルはないらしい。

このビルの前は狭いけれど車の通る道がある。

ねこさん、車にだけは気をつけて。

車はあなたたちの周りの人々のように、やさしくはないからね。

 

4. おわりに

ねこ活動を始めて、7か月。いろいろな人に会うたびにねこの話をしています。

「え、ねこ?」(それがどうした)という冷ややかな反応もある反面、

「じつは、ねこ大好きなんです」という心躍る反応もあります。

空前のペットブームばかりが話題になり、

その陰で悲惨な運命をたどる犬やねこがたくさんいることを、

ねこに興味のない人にも、ねこが大好きな人にも知ってほしいと思います。

post by machineko | | 0

長崎の町ねこ調査隊塾 塾生募集のお知らせ

長崎伝習所平成23年度塾企画として、塾生を募集しております。2011年4月30日(土)を締切といたしますが、それ以降もしばらくの間、こちらのフォームよりご連絡いただければお申し込みを受け付けます。

塾の目的

ねこはネズミを退治してくれる動物として大切にされてきた。しかし最近では住宅の密集化などにより、ねこに関する苦情(糞尿、鳴き声、庭荒らしなど)が増えている。
身近な動物であるねこと平和に共存していく道を探るために、まずは長崎の「町ねこ(町を自由に歩き回るねこ)」の基本データを集めたい。
ねこの活動範囲はどれくらい? 一つの地域に何匹のねこがいる? 餌や水はどうしている? ねこの生態を調べていくと、人々の暮らしもまた映し出されてくるはずだ。ねこの視点から長崎の町を再発見したい。

活動内容

(1) 山根明弘氏(北九州市立いのちのたび博物館 学芸員)との学習会
(2) 北九州市のねこ調査現場の見学及び体験
(3) 北九州市の実践に基づく、長崎独自の調査方法の検討
(4) 定期的なねこの生息数や行動様式の調査

塾生対象者

ねこ好きに限らず、長崎の町とねこに興味さえあれば、大歓迎。

塾の開催予定

月に1~2回程度。
曜日や時間については塾生の皆様と話し合って決めたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。